クラッシュオブクランズ攻略裏ワザ

クラッシュオブクラン ジャイウィズの攻め方

エメラルドを無料でもらう裏技

 

クラッシュオブクランのジャイウィズは名前の通り、ユニット構成の中心をジャイアントとウィザードにして攻め込む戦略です。

 

HPが高い囮のジャイアントと、高火力ユニットウィザードの後方からの攻撃。クラッシュオブクランで最も基本的な攻撃の仕方のひとつです。

 

ジャイアントとウィザードは非常に相性がいいんですね。戦士と魔法使いみたいなものです。まぁ、ウィザードは名前の通り魔法使いですが(笑)

 

TH5から使えるこの戦略ですが、ウィザードのレベルが上がればさらに強くなるので、TH6以降も非常に有用な戦略です。

 

ユニット構成は個人の裁量やキャンプ場のキャパの関係で多少ずれますが、基本的には以下の通りになっています。

 

・ジャイ10体
・ウィズ10体
・ウォールブレイカー10体
・残り バーバリアン、アーチャーなど

 

呪文:主にヒーリング。応用でレイジを入れるのもいいと思います。

 

ジャイウィズの攻め方

@ジャイアント→ウィザードの順番で出す。

 

これは基本中の基本です。ジャイアントを囮として使うためには非常に重要です。

 

敵村に攻め入るときは、各村において状況が全く異なってくるので、出し方はケースバイケースです。いかにジャイアントにターゲットを集めてウィザードを有効活用できるかを考えるようにしましょう!

 

Aウォールブレイカーの有効活用
ジャイアントとウィザードは優先攻撃目標が異なるので別々の行動をしがちです。

 

基本的には、ジャイアントがターゲットを引き付けてくれているのでウィザードは生き残ってくれます。

 

しかし、ジャイアントが孤立してしまうと、その火力の低さから、なかなか壁を破壊できずに、防衛施設にいじめられていることがよくあります。

 

こういう場合、ウォールブレイカーで進路を切り開いてあげましょう。
ウォールブレイカーもこの時を待っていたかのように
自らの命を投げ出してくれることでしょう(゚∀゚)。

 

B大量に投入する前に援軍処理!
さて、やっと、バーバリアンとアーチャーの登場です。

 

攻め込む前の援軍処理もかなり重要です。これはほかの戦略でも非常に重要です。

 

ウィザードの割合を増やしておくと、援軍処理をしなくても、ウィザードが溶かしてくれますが、やっぱり援軍処理をしておいた方が安定した攻めを展開できます。

 

バーバリアンとアーチャーは、援軍の釣り出しにかなり使えます。低スロットで低コストなのでその役割にはぴったりですね。

 

他の使い道としては、防衛施設の射程から外れている孤立した施設の破壊などにも使えます。

 

ジャイウィズは理にかなった攻め方になっています。一度習得しておけばいろいろと応用が利くので習得する価値は十分にあります!