クラッシュオブクランズ攻略裏ワザ

クラッシュオブクラン アーチャークイーンの使い方

エメラルドを無料でもらう裏技

 

今回はアーチャークイーンの使い方について説明していきます。

 

タウンホールレベル9から作成可能になるアーチャークイーン。

 

アーチャークイーン┃クラッシュオブクランズ攻略

 

アーチャークイーンの魅力は何といっても、攻撃速度の速さと、射程距離の長さ!

 

これらの能力はゲーム内では表示されてはいませんが、一度使うとその能力の高さに驚かされるはずです。

 

射程距離の長さは約5マスと、他のユニットの中から頭一つ飛び抜けています。

 

この射程距離の長さはかなり重要になってきます。

 

場合によっては相手の防衛施設の届かないところから一方的に攻撃できる場合もあります。

 

そして、0.75秒という攻撃速度の速さ!

 

攻撃速度の速さのおかげで、かなり融通の利く動きができます。

 

さらに、攻撃速度による火力の安定度も注目すべき点です。

 

ただ、融通が利くといっても、うまく使わなければ安定した火力を維持することはできません。

 

バーバリアンキングと比べてもその攻撃力は非常に高く、タウンホールレベル9まで行くと攻め込むのにはアーチャークイーンが必須といってもいいくらいの強さでしょう。

 

囮を有効に使おう

ヒーローユニットのアーチャークイーンといえど、そのHPはさほど高くありません。

 

そのためジャイアントやP.E.K.K.Aなどと一緒に出撃させることによって、能力の高さを十分に発揮させましょう。

 

基本的にはアーチャーやウィザードと使いどころは変わりません。射程の長さもあり、これら以上の活躍をしてくれることでしょう。

 

しかし、その射程の長さからほかのユニットとは違う施設を攻撃し始め、気が付いたら孤立していてモグラ叩きにあっていた、
なんてことはよくある話です。

 

出撃させる前にある程度道を整えてあげましょう。

 

使いどころが重要

ジャイアントやP.E.K.K.Aと一緒に出撃させるのもいいですが、アーチャークイーンの使いどころといったら、他のユニットが全滅しかけの最後の一押しで仕掛けるのが王道の使い方です。

 

アーチャークイーンにはロイヤルクロークという、一定時間だけ防衛施設からのターゲットを外すことができる鬼に金棒的な技があります。

 

また、同時にアーチャーも召喚するので、ほんの少しですが囮として使うことができます。

 

サイドカットで作り出された、村の中心へのレッドカーペットを突き進む。まさに、女王様に恥じない使い方をしてやるのも一興です。

 

守りに関しても非常に優秀

その射程の長さのおかげで、壁越しに敵ユニットを攻撃してくれます。

 

さらにそのおかげで、敵ユニットが壁に向かって攻撃し始めてくれるので、敵ユニットを殲滅させるだけでなく、防衛施設を守ってくれる働きもあります。

 

アーチャークイーンは施設や壁の位置を考慮して配置しましょう。

 

敵ユニットがこの辺に攻撃してきたら、アーチャークイーンが攻撃をし始めて、敵ユニットはこの辺の壁を殴るだろうと、予測を立てながら配置することが重要です。

 

また、HPが低くて倒されやすいので、バーバリアンキングより内側においておくことが重要です。

 

バーバリアンキングより索敵範囲が1マス大きいので、内側に置くのも非常に重要です。