クラッシュオブクランズ攻略裏ワザ

クラッシュオブクラン エアスイーパーの配置場所

エメラルドを無料でもらう裏技

 

クラッシュオブクランのエアスイーパーの配置場所について紹介しています。

 

エアスイーパー

 

4月30日のアップデートで導入された、最新防衛施設「エアスイーパー」。

 

エアスイーパーは、風の力で飛行してくる敵を押し返し、簡単に手が出せないようにしてくれます。

 

高価な防衛施設ですが、空からの攻撃を防ぐ事ができるので積極的に設置した方が良いでしょう。

 

アップグレードは最大でレベル6まで可能です。

 

レベルが1つ上がるごとに0,4マスずつ押し返せる距離が増加。

 

レベル1では1,6マスですが、レベル6になると3,6マスも押し返す事ができるのです。

 

エアスイーパーの攻撃方向を知る

エアスイーパーが向いている方向からは、飛行ユニットは攻めにくいという事になります。

 

エアスイーパーの噴出口が向いている側が、攻撃方向になります。

 

攻撃範囲もかなり広いので、飛行ユニットには効果が高そうですね。

 

エアスイーパー

 

画像の白い線の中が効果範囲なので、これを頭に入れて配置しましょう。

 

エアスイーパーの設置場所

エアスイーパーを設置している方向からは、飛行ユニットが接近してきても押し返します。

 

その事を考えると、抑止力として使用するのがベスト。

 

攻める方もエアスイーパーの効果はわかっているので、安易にエアスイーパーの設置方向からは攻めてこないでしょう。

 

ただし、エアスイーパーを外側に設置してしまうと、HPが高くないので破壊されるリスクが高まります。

 

設置は、防衛拠点の一番内側が良いと思います。

 

エアスイーパー

 

エアスイーパーの攻撃方向には、特に対策をする必要がないと思います。

 

攻撃する方向以外お場所に、対空砲・アーチャータワー・ホーミング対空地雷・対空爆弾などを設置していきましょう。

 

全方位を固める事により、飛空ユニットの攻撃を防ぐ事ができます。

 

クラッシュオブクラン エアスイーパーの配置場所

 

設置できる個数は1つなので、様々な場所に設置して確認するとよいでしょう。

 

エアスイーパー以外の対空防衛施設とのバランスを考え、設置する事で相乗効果が生まれます。

 

これでより攻めにくい配置になると思います。